*

「 月別アーカイブ:2015年07月 」 一覧

ブルーベリーの冷蔵保存。

ブルーベリーを低温で保存。 傷が無い正常なブルーベリーは2~4℃で1週間前後品質が保てます。 保存する時の温度管理も大事ですが保存する際のブルーベリーの品質がかなり重要です。 ご家庭

続きを見る

ブルーベリーの実の管理方法。

ブルーベリー果実の管理方法。 ブルーベリーの収穫時期は実が鮮やかな青色になってから1週間程度です。 完熟の状態になりますと実の付け根まで完全に着色します。 未熟の場合は付け根が青色で

続きを見る

ブルーベリーの目以外への効果効能。

ブルーベリーの目以外への効果。 特に眼精疲労等に効くとされているブルーベリーですが、 最近の研究や臨床実験により目以外にも様々な効果効能が確認されています。   毛細血管

続きを見る

ブルーベリーとカシスの違い。

ブルーベリーとカシス。 パッと見、非常に似ている二つの果実ですが、栄養価や生産国、実の色は実は全く違っています。 ブルーベリーはアメリカがメインの生産国に対してカシスの生産地は殆どがヨーロ

続きを見る

ブルーベリーとラズベリーの栄養化。

ブルーベリーとラズベリー。 よく同じベリー系でブルーベリーとラズベリーがでてきますがいったい何が違うのっと思ってる方は 少なからずいらっしゃるとおもいます。 ブルーベリーは言わずと知

続きを見る

ブルーベリーとビルベリーの違い。

  ブルーベリーとは。 ブルーベリーは、ツツジ化スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹の総称です。 ブルーベリーの元になった植物は南アメリカにあった

続きを見る

ブルーベリー栽培地での品種選定③。

南日本の場合。 南日本は中国、四国、九州地方から沖縄までの地域で冬が割りと温暖であり、 メインとしてはハイブッシュとラビットアイが栽培されています。 耐寒性と裂果があまり求められない

続きを見る

ブルーベリー栽培地での品種選定②。

  中部日本の場合。 中部日本とは関東南部から中国四国地方を含めた広い地域をさします。 ブルーベリーの栽培にいたってはほとんどの品種を栽培できる地域といえるでしょう。

続きを見る

ブルーベリー栽培地での品種選定。

    北日本の場合。 北日本はブルーベリーの栽培では主に北海道北部から東北の南部までをさしますが、 天気の条件を考えると甲信越、九州の山岳高地で夏が比較的

続きを見る

ブルーベリーの収穫収量。

実の収量。 ブルーベリーの成木の反ごとの収量は1トン前後が平均といわれております。 ハイブッシュ系の樹で1本あたり4キロ前後は収穫できる目安となります。 ラビットアイでしたら5キロ以

続きを見る

 
 
ブルーベリーに含まれるアントシアニンとは?

アントシアニンの抗酸化作用。 ブルーベリーはアントシアニンとビタ

ブルーベリーはなぜ目に良いのか?

ブルーベリーは目にいいことで有名だが、それはなぜ? ブルーベリー

乾燥お肌に悩む時期。

アントシアニンの万能性。 ブルーベリーはとても多くの栄養が含まれ

ブルーベリーで内側から綺麗に。

ブルーベリーと健康。 国産ブルーベリーには目の疲労を回復する効果

疲れ目やドライアイには?

現代の病気?   私の家族はみんな近眼です。どち

→もっと見る

PAGE TOP ↑