*

低糖ハンドメイドのイチゴジャム。

IMG_9326

ダイエットや食事制限で低糖を好む方へ

イチゴジャムをハンドメイドで自分好みに作りたい方もけっこういらっしゃると思います。

ですが色々な制限でなかなかそうはいかないという方も。

そんな時こんな風に甘さ控えめで手軽にパパっとイチゴジャムを作ってみましょう!

糖質をかえる。

ジャムを作るときによく使うのは溶けやすく雑味がない果物の香りを引き出しやすいグラニュー糖が人気です。

または上白糖でも代用できます。

三温糖で作ると糖に色がありますので僅かですが色づきます。

きび糖や黒糖を使用すると独特なコクと味わいが加わり色もしっかりつきます。

イチゴジャム以外でも色んなフルーツジャムにあわせてお好みで挑戦してみてください。

甘さ控えめ、低糖ジャムを作ってみよう。

少し前から低糖や低脂肪が流行ですが甘さを控えて果物本来の味を楽しむジャムを作る場合、

砂糖の量は重さの30%前後が平均です。

それが一番バランスにとれた甘さ控えめといえるでしょう。

作り方okomeprince.com/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E7%94%A3%E5%86%B7%E5%87%8D%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B4/1466

↑を参照にされてください、そこから糖質を30%程度減糖すると甘さ控えめができます。

保存性と砂糖の関係。

ジャムの保存性を維持する為にはある一定の糖分が必ず必要です。

保存性と同時にジャム特有のとろみもだしてくれます。

その二つを同時にクリアするにはジャム質量の60%砂糖が必要です。

ジャムを腐らせる要因の一つが水分で、この水分をなくすことにより品質維持につながり、

甘さやとろみに繋がるのです、それが砂糖の働きです。

電子レンジでジャムを作ってみよう。

実はハンドメイドジャムを作るうえで物凄く簡単に手間いらずで作る方法があります。

それは上記にも書いた電子レンジで作る方法です。

鍋で作るときは火加減にも気を使いながらつきっきりで混ぜ細心の注意を払わなければなりませんが、

電子レンジを使うと手間いらずで簡単に作ることが出来ます。

しかも時間をかけて鍋で煮込まなくていいのでイチゴ本来の香りも楽しめます。

砂糖の調節によってはイチゴソースに応用できたりもします。

電子レンジジャムの作り方。

大き目の耐熱ボールに少し小さめに切ったイチゴをいれます。

短時間で作る為細かく切ったほうが熱が通りやすくなじみたすいです。

グラニュー糖や上白糖がオススメでイチゴ量の4割程度からお試しください。

電子レンジジャムの作り方2.

耐熱ボールに砂糖とイチゴをいれ満遍なく混ぜ合わせます。

ここでしばらくおくと水分がでます。

一度、レンジで3分~5分程度加熱して、沸騰させます。

そうすると表面にアクがでてきますので、しっかりお玉等ですくってください。

(これが雑味の原因になります)

電子レンジジャムの作り方3.

これを数回繰り返すことによって完成です。

完成目安としてはジャムに透明感がでてきたらオッケーです。

※耐熱ボールが非常に熱くなりますので火傷に注意してください。

いつでもハンドメイドジャムが作れる熊本産冷凍イチゴ

 

この記事がためになった、面白かったという場合はぜひ評価いただけると幸いです!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

関連記事

熊本産の冷凍イチゴでいつでもイチゴジャム。

まずは基本のジャムを作ってみましょう! ジャムの作り方のスタンダードはとてもシンプルで、

記事を読む

普通の手作りイチゴジャムの作り方。

準備する材料。 イチゴ300g 上白糖もしくはグラニュー糖180g レモン果汁 半

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
no image
健康志向の方に贈り物やお取り寄せで人気なブルーベリー。おいしいべ方や保管方法についてご紹介

かじるとほどよい甘みと酸味が組み合わさった、フルーティーなブル

セブンイレブンの冷凍ブルーベリー
【現役農家が】セブンイレブンの冷凍ブルーベリーを【徹底検証】してみた!

セブンイレブンとスーパーでは冷凍ブルーベリーはどっち安いか

仕事でパソコン、帰ってスマホばかり見てませんか?

現代人は慢性的な疲れ目 長い時間スマホやパソコン、テレビや読書を

アントシアニンで目の病気を予防?

ポリフェノール成分とは? ポリフェノール類の一つであるアントシア

今がブルーベリーの旬。

ブルーベリーは皮ごと食べれる 食べ物が健康な身体を作るので、栄養

→もっと見る

PAGE TOP ↑