*

ブルーベリー栽培と販売

IMG_8944

ブルーベリーを栽培するのは適地適作と経験があれば可能ですが、

お客様に買っていただける味と品質が重要になってきます。

よく好まれるのは大粒で甘みの強い品種です。

これを栽培する土地に見合った品種選定し、、

適地管理すればその可能性が広がります。

ブルーベリーの特徴

1.低木性でブッシュ状に成長します。

2.根っこはひげ根で浅く土壌の乾燥に弱いです。

3.酸性土壌を好みます。

4.収穫できるまでの年数が早い。

5.剪定方法がそれぞれ異なります。

6.収穫に人手が要ります。

7.輸送に気を使います。

8.果実の利用法が沢山あります。

ブルーベリーの気象条件

日本でのブルーベリーの栽培地は北海道から九州まで幅広く可能です。

当然ですが、栽培する土地によって気象条件が違うので、

ブルーベリーの品種も大きくかわってきます。

栽培地別にすると、ハイブッシュ系が日本で広く栽培されているようです。

日本でのハイブッシュ系の品種

日本で栽培されているハイブッシュ系の品種はとても多く、

27品種前後が好まれており10品種がメインで栽培されているようです。

ブルークロップ

バークレー

ブルーレー

スパルタン

アーリーブルー

コリンス

ダロー

デキシー

ジャージー

ウェイマス

いずれも日本で人気があり、本場アメリカでも盛んに栽培されています。

ラビットアイブルーベリー

かたやラビットアイですが栽培はされていますが、栽培されている品種は意外と少なく、

ティフブルー

ウッダード

ホームベル

とメインは3品種程度です。

ラビットアイは皮がハイブッシュに比べ多少あつく、生果で食べたときに口に残ってしまう事があるのも

考えられる要因の一つだと思います(品種によっては薄いものもあります)

成長勢力はあるのでハイブッシュの品質でラビットアイの勢力があると理想ですね!

熊本産冷凍ブルーベリー↓

 

 

 

この記事がためになった、面白かったという場合はぜひ評価いただけると幸いです!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

関連記事

ブルーベリーの果実成分

果実の成分 ブルーベリーの果実の特徴はなんといっても小さい粒の中に濃い色の象徴といえるアントシ

記事を読む

冷凍ブルーベリーは健康に良いのか?

みずみずしい採れたてブルーベリーには抗酸化物質が含まれていて、とても栄養価があるのは間違いないと思い

記事を読む

ハイブッシュブルーベリーの系統と新品種。

ハイブッシュブルーベリーの系統 栽培ブルーベリーとして最もポピュラーなハイブッシュブルーベリー

記事を読む

ブルーベリーの細かい品種について2。

前回はハイブッシュ系の細かい品種について書きましたが、 今回はラビットアイ系の細かい品

記事を読む

ブルーベリー栽培地での品種選定③。

南日本の場合。 南日本は中国、四国、九州地方から沖縄までの地域で冬が割りと温暖であり、

記事を読む

スムージーを飲むとどうなる?

手軽に栄養 美容やダイエットにも効果的ということで話題になっているのがスムージーです。凍らせた

記事を読む

ラビットアイブルーベリーの品種。

  収穫量が多いラビットアイブルーベリー、土壌対応力もあり収穫量もかなりあり

記事を読む

ブルーベリーの植え付け。

ブルーベリーの植え付け時期。 苗木の植え付けに適した時期はブルーベリーの休眠期で、 暖か

記事を読む

有能なブルーベリー。

ブルーベリーの様々な効果。 ブルーベリーと言えば、目にいいというイメージが先行しがちですが、実

記事を読む

疲れ目やドライアイには?

現代の病気?   私の家族はみんな近眼です。どちらかというとアウトドアよりもイ

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
セブンイレブンの冷凍ブルーベリー
【現役農家が】セブンイレブンの冷凍ブルーベリーを【徹底検証】してみた!

セブンイレブンとスーパーでは冷凍ブルーベリーはどっち安いか

仕事でパソコン、帰ってスマホばかり見てませんか?

現代人は慢性的な疲れ目 長い時間スマホやパソコン、テレビや読書を

アントシアニンで目の病気を予防?

ポリフェノール成分とは? ポリフェノール類の一つであるアントシア

今がブルーベリーの旬。

ブルーベリーは皮ごと食べれる 食べ物が健康な身体を作るので、栄養

毎日パソコンとスマホに入り浸ってませんか?

アントシアニンは必須 眼精疲労回復のためにブルーベリーが使われる

→もっと見る

PAGE TOP ↑