*

ブルーベリー栽培地での品種選定②。

IMG_8258

 

中部日本の場合。

中部日本とは関東南部から中国四国地方を含めた広い地域をさします。

ブルーベリーの栽培にいたってはほとんどの品種を栽培できる地域といえるでしょう。

その特徴として梅雨です。

関東南部でしたら梅雨は6月中旬から7月中旬まで続きます。

その時期はちょうどハイブッシュ系のブルーベリーの収穫期にあたります。

ですので雨量が多ければ土壌が水分を過剰にもっていて実を収穫するときは曇り空のような日差しが少なく、

湿度の高い日になってしまいます。

品種を選定する時はそれらの条件化でも栽培可能な品種を選ぶことが成功への鍵となります。

 

極早生種と極晩生種を選ぶ。

収穫時期を梅雨から避ける最も簡単な方法は梅雨前に収穫してしまうか、梅雨があけて収穫するかの2パターンです。

ハイブッシュ系の極早生品種か晩生の品種です。

ラビットアイでしたらそのほとんどが7月中旬以降の収穫になるため避けることが出来ます。

その土地土地の気候にあったお好みの味のブルーベリーを見つけるのも一つの楽しみといっていいでしょう。

 

ブルーベリーの皮が強い品種。

品種によっては実の皮が強い品種もあり、販売や輸送の際はそういう品種を選ぶのが得策でしょう!

皮が強い分、日持ちもするのは事実ですのでうまく使い分けるといいでしょう。

 

果柄痕がちいさくて乾燥している品種。

湿度が高くジメジメした日が続くとブルーベリーの日持ちがよくないです。

収穫した後の実の傷みは果柄痕(かへいこん)の大小と乾き具合によります。

その為、販売して輸送する際は果柄痕の具合を特に慎重に選びます。

果柄痕が大きくそして湿っているとそこからカビの原因になり日持ちしにくくなります。

 

これらの事にきをつけながら栽培していくと品質の高いブルーベリーが収穫できます。

土壌の向き不向きもありますのであせらずじっくり栽培していってください。

 

熊本産冷凍ブルーベリー↓

 

 

 

この記事がためになった、面白かったという場合はぜひ評価いただけると幸いです!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
Loading...Loading...

関連記事

ブルーベリーの植え付け。

ブルーベリーの植え付け時期。 苗木の植え付けに適した時期はブルーベリーの休眠期で、 暖か

記事を読む

ブルーベリー&チョコマフィン。

今日は自宅で簡単にできるブルーベリーマフィンのレシピをご紹介! 是非、今後の日曜のティ

記事を読む

手軽にスムージー。

美しさをサポート 野菜やフルーツをたっぷりと含ませたスムージーは栄養価が高く、手軽に健康や美容

記事を読む

今がブルーベリーの旬。

ブルーベリーは皮ごと食べれる 食べ物が健康な身体を作るので、栄養素が高いものをバランスよく摂取

記事を読む

フルーツヨーグルトアイス。

今日はブルーベリーとイチゴを使ってで冷たいおやつをご紹介! 色々なフルーツでアレンジ可能な

記事を読む

ブルーベリーの植え付け方法。

  ブルーベリーは枯らさない植え付けが決め手! 植え付けに大量のピートモス(土

記事を読む

ブルーベリースムージー&ブルーベリー酒。

これからに季節にぴったりの自宅で作れる爽やかブルーベリースムージー! 、あずは材料を準備!

記事を読む

ブルーベリーの細かい品種について2。

前回はハイブッシュ系の細かい品種について書きましたが、 今回はラビットアイ系の細かい品

記事を読む

ブルーベリー栽培と販売

ブルーベリーを栽培するのは適地適作と経験があれば可能ですが、 お客様に買っていただける

記事を読む

ブルーベリーの実の管理方法。

ブルーベリー果実の管理方法。 ブルーベリーの収穫時期は実が鮮やかな青色になってから1週間程度で

記事を読む

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
セブンイレブンの冷凍ブルーベリー
【現役農家が】セブンイレブンの冷凍ブルーベリーを【徹底検証】してみた!

セブンイレブンとスーパーでは冷凍ブルーベリーはどっち安いか

仕事でパソコン、帰ってスマホばかり見てませんか?

現代人は慢性的な疲れ目 長い時間スマホやパソコン、テレビや読書を

アントシアニンで目の病気を予防?

ポリフェノール成分とは? ポリフェノール類の一つであるアントシア

今がブルーベリーの旬。

ブルーベリーは皮ごと食べれる 食べ物が健康な身体を作るので、栄養

毎日パソコンとスマホに入り浸ってませんか?

アントシアニンは必須 眼精疲労回復のためにブルーベリーが使われる

→もっと見る

PAGE TOP ↑